学校案内

概要

学校名近江神宮附属 近江時計眼鏡宝飾専門学校
所在地〒520-0015 滋賀県大津市神宮町1-1
TEL077-522-2200
FAX077-522-2204
E-mailoumi_tokei@ybb.ne.jp
URLhttp://www.tokei-co.org/

沿革

近江時計眼鏡宝飾専門学院

「近江時計眼鏡宝飾専門学院」の開設

「近江神宮時計博物館」附属研究教育機関として、昭和44年4月22日「時の記念日制定50年」を記念して「近江時計眼鏡宝飾専門学院」を開設しました。
この設置は、将来の時計眼鏡宝飾業界を担う後継者の養成にあり、時代に即した新しい学理と高度の技術、並びに近代的経営の習得をはかるものでした。

近江時計眼鏡宝飾専門学校

「近江時計眼鏡宝飾専門学校」に昇格

学院は、昭和51年4月1日付をもって、学校教育法の改正に伴い、大学、短大に並ぶ高等教育機関として位置付けられた、専修学校制度による専門学校に昇格となり、学校名を「近江時計眼鏡宝飾専門学校」と改称しました。その間、技能五輪全国大会(時計修理部門)に優勝するなど実績を残しています。
また、平成4年からは3年制教育を導入し、近年の著しい技術革新に伴い、より高度な技術と専門知識を備えた人材の育成とともに、本校特有の実績教育の充実を図っています。
なお、昨今の機械式時計復活気運の折から、特に要望の多い時計のみを教授し、最高レベルの時計技術者を目指す「時計科」を平成17年より開設しています。

交通案内

最寄駅からの所要時間

最寄駅からの所要時間

 JR琵琶湖線  大津駅からタクシー15分

 JR湖西線  大津京駅から徒歩15分、タクシー5分

 京阪石山坂本線  近江神宮前駅から徒歩7分

近江神宮と時計

近江神宮

近江神宮

近江神宮の御祭神は第38代天智天皇です。天智天皇は今を去る1300年の昔、天智10年(671)4月25日近江大津京に漏刻(水時計)を設置、国民に時をお知らせになった。大正9年、この日を太陽暦に換算した6月10日を「時の記念日」に制定されて今日にいたっています。
天智天皇は「時の祖神」といわれ、例年6月10日に行われる「漏刻祭」には全国より時計関係者多数が参集します。

「時計館」と「宝物館」

時計館は昭和38年に「歴史館」として開館され、日本有数の時計博物館として知られ、更に平成21年より全面改装を施し、22年4月より「時計館」「宝物館」再オープンしました。

1階の「時計館」には和時計を中心に古今東西の時計および資料2000点を収蔵し、その内約100点を展示しています。
2階の「宝物館」は近江神宮収蔵宝物関係約700点、その内約80点を展示しています。

「時計館」「宝物館」
「時計館」「宝物館」内部
instagram
メールでのお問合せ

  近江時計眼鏡宝飾専門学校  

〒520-0015
滋賀県大津市神宮町1-1
TEL 077-522-2200
FAX 077-522-2204
MAIL oumi@tokei-co.org
受付 9:00~17:00(平日のみ)

近江神宮